埼玉大学教育学部附属中学校

MENU

教育目標

本校の学校教育目標

正しい判断力たくましい実践力を持った自主的人間の形成

正しい判断力
広い視野をもった生徒
深く考える生徒
豊かな情操をもった生徒
たくましい実践力
たくましい体力をもった生徒
強い精神力をもった生徒
変化に対応できる生徒
自主的人間
自ら学ぶ生徒
協調して行動できる生徒
集団の向上に努める生徒

2021年度の重点・努力点

教育方針

強い意志を育む学校づくり

  • ○知・徳・体の調和を重視した「生きる力」の育成
  • ○埼大附属中の伝統と特性を生かした、教育活動の推進
  • ○学びの質の向上のための教育環境の充実
  • ○家庭、地域、大学・学部・附属学校園との連携に基づいた、社会に開かれた学校運営

教科指導

「主体的・対話的で深い学び」の実現による資質・能力の育成
~資質・能力を育む指導と評価の一体化の充実~

(1) 国語科
実社会や実生活に生きて働く国語科の資質・能力を育成する授業の創造
~生徒の主体性と言語能力の育成に資する指導と評価~

(2) 社会科
公民としての資質・能力の基礎を育成する社会科学習
~資質・能力の基礎を育成する指導と評価の一体化の在り方 ~

(3) 数学科
論理的,統合的・発展的に考察する力を育成する数学学習指導
~指導と評価の一体化に焦点を当てて~

(4) 理科
評価を活用した理科の学びと授業改善
~評価の機能と資質・能力の育成との関係に焦点を当てて~

(5) 音楽
表現と鑑賞の相互関連を図り,思考力,判断力,表現力等を効果的に育成する学習指導と評価の工夫

(6) 美術
表現と鑑賞を一体化させながら、資質・能力を育成する学習指導と評価の工夫

(7) 保健体育
「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善
~資質・能力の育成に資する指導と評価に着目して~

(8) 技術・家庭
社会で生きる資質・能力の育成
~思考力,判断力,表現力等を育む学習指導と評価の工夫~

(9) 英語
コミュニケーションの質の向上を図る学習指導の工夫
~資質・能力を育む,指導と評価の一体化の充実~

(10) 学校保健
生きる力を育む指導の工夫
~生涯にわたって心身ともに健康な生徒の育成~

(11) 道徳
一人一人の個性や立場を尊重し、謙虚に自らを高めていく生徒の育成

(12) 健康教育
しなやかでたくましい心身を持ち、日々の生活を豊かに送ることができる生徒の育成

(13) 帰国生徒教育
個に応じた適応指導の充実,保護者間並びに保護者と学校との情報交流の活性化,気候生徒の特性の把握と慎重に関する研究の推進

特別の教科道徳

主体的・創造的に問題解決や探究活動に取り組み、教科等の学習を生かし、豊かな発想を身に付けた生徒の育成

総合的な学習の時間

道徳的実践力をもった生徒の育成

特別活動

望ましい集団活動を通した、集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする態度の育成

生徒指導

何事にも粘り強く真摯に取り組む中で、自らの力を発揮しながら、集団の力に貢献できる生徒の育成

健康教育・安全教育

心身ともに健康で明るく生活を送ることができる生徒の育成

人権教育

様々な人権問題に正しく対処できる生徒の育成

特別支援教育

生徒一人一人の個性に応じた教育の推進

図書館教育

自ら学ぶ学習と読書生活の充実、情報活用能力の育成

環境教育

よりよい環境の創造活動に主体的に参加し、環境への責任ある行動が取れる態度の育成

ボランティア福祉教育

幅広い視野をもって福祉について考え、主体的に行動できる生徒の育成

国際理解教育

自他を尊重し、世界の人々と協調することができる生徒の育成

情報教育

モラルやルール、メディアや伝達手段の特徴を意識した情報活用能力の育成

教育実習

全ての教育活動に主体的に関わろうとする実習生の育成

進路指導

社会とのつながりを考え、自らの意志と責任で進路選択する力の育成

部活動指導

責任感、連帯感の涵養、好ましい人間関係の形成

帰国生徒教育

個に応じた適応指導の充実と個性の伸長

学年目標

第1学年

『自主 共栄 挑戦』

〇知らないことを学ぶ喜びを味わい、仲間と分かち合おう。(知)

〇互いの違いを認め合い、自他の挑戦を励まし高め合おう。(徳)

〇自分の成長と向き合い、困難に打ち克つ心身を鍛えよう。(体)

第2学年

『強く 気高く しなやかに』

〇問いながら学び、学んだことを関連付ける力を身に付けよう。(知)

〇仲間と切磋琢磨し、附中生としての本物の誇りを感得しよう。(徳)

〇心と体を鍛え、豊かな人生を切り開く自己指導能力を養おう。(体)

第3学年

『自律 協働 創造』

〇広い視野をもって深く考え、すすんで確かな学力を身につけよう。(知)

〇多様性を尊重し、自他のよさと役割をいかして、集団としての力を高めよう。(徳)

〇新たな価値を創造しようとする強い意志のあふれる心と体を鍛えよう。 (体)